子規ゆかりの俳趣の旅館 うめ乃や

MENU

閉じる

旅館へのアクセス

風光る3月のお料理ができあがりました

2019.03.05

日の長さが長くなっているのを感じる3月となりました。
梅も満開となり、桜も早咲きのものは咲き始め、春もすぐそこまでやってきました。
花粉で春の訪れを実感されているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな風光る3月の献立ができあがりました。

春は学生さんにとってはお休みで楽しい季節ですね。
先日我が家にお越しいただきましたお客様から
「建物の造りが見ていて楽しい」とおっしゃっていただきました。

歴史だけでなく館内の家具などにもこだわっておりますので、
ぜひお泊りいただき実感いただければと思います。

また、宴席などでのご利用をご希望のお客様は
お気軽にうめ乃やまでご連絡くださいませ。

うめ乃や公式インスタございます

2019.03.03

うめ乃や公式インスタグラムがございます。

「#うめ乃や」でぜひ検索してみてください。

うめ乃やスタッフが撮影した写真やお庭の季節の様子をはじめ、

周辺の観光に役立つ情報も掲載してまいります。

 

道後温泉でデジタルアート体験

2019.02.03

温泉が恋しくなる2月となりました。

うめ乃やがある「道後温泉」のシンボル、
「道後温泉本館」では湯上がりにちょっと眺めたくなるイベントがはじまりました。

道後温泉本館は保存修理工事がスタートしましたが、
工事の最中も道後温泉本館は1階神の湯でのご入浴をお楽しみいただけます。

そして、この工事の間も皆様に道後温泉を楽しんでいただくため、
《道後REBORNプロジェクト》火の鳥・ネイキッドRe:LIGHT-再生への灯り- が行われます。

今回は《道後REBORNプロジェクト》第2弾
道後温泉本館の出入口もこれまでの西側から、
明治時代に改築された当初利用されていた北側に変更、
そして、入り口には手塚治虫さんの傑作・火の鳥のオブジェを設置。

夜間は道後温泉の障子部分にライトアップを実施。
道後温泉本館が「光」と「音」のアートで包まれるひと時をお楽しみください。

《道後REBORNプロジェクト》火の鳥・ネイキッドRe:LIGHT-再生への灯り-
●平成31年2月1日から
●道後温泉本館
●18時00分から21時30分まで(15分ごとに開催)
https://dogo.jp/news/895.html

ぜひ、工事中の今だからこそ楽しめる、アートと歴史が融合した
道後温泉本館の姿をお楽しみください。

うめ乃やでのご宿泊はこちらからどうぞ
うめ乃や公式予約ページ(公式価格にてご案内しております)

 

 

朧月(2月)の献立ができあがりました

2019.02.02

大寒をすぎ、旧暦では寒さが緩むとも言われますが、
まだまだ寒い日が続く2月となりました。

大人にとっては逃げる2月、
学生にとっては春が待ち遠しい月と世代によって感じ方も大きく違うのが、
この1月から3月にかけての時期ではないでしょうか。

そんな寒さも続く2月のお品書きができあがりました。

 

立春大吉
福々しい御献立となりました。
主は、「鬼北町の雉」と「天然鯛」と
「伊予牛」に、はしりである春の山菜を装いました。

揚物「鰤大根揚げ」
昨年大好評をいただきました一品。
女将のリクエストで今年も登場させることができました。
大根のホコホコして柔らかさと出汁の旨み、
それに愛媛県産ブリのしっかりとした身の味…。
そのまま食べても美味しい鰤大根を揚げてお召し上がりいただく…。
手前味噌ではございますが、
一手間加えた感動のお料理でございます。

そのほか、米っ娘玉子豆腐を使った吸物など、
愛媛の食材や、季節の味にこだわってご用意いたしました。

春が待ち遠しい瀬戸内の季節が香るお料理を
道後温泉うめ乃やでお楽しみください。

花の春(1月)のお品書きが出来上がりました

2019.01.06

あけましておめでとうございます。
皆様の新年の幕開けはどのようなお時間を過ごされましたでしょうか。

 

松山は晴れやかな太陽が顔をのぞかせる
新年を迎えるにふさわしい元日となり、
私どもも心新たに新年を迎えることができました。

 

さて、そんな新春を彩る
「花の春のお品書き」ができあがりました。

 

 

お造りには、愛媛県一押しの幻の高級魚「真羽太(まはた)」をご用意いたしました。
クエにも勝るとも劣らない味が自慢で、
宇和海で育てられたお魚を新春にご用意いたしました。

 

他にも新年のお目出度いお食事をお楽しみいただける
贅沢なひと品「伊勢海老の天ぷら」や、
まさに目出度い「鯛めし」など、目出度さと愛媛を感じていただけるお品書きといたしました。

 

平成の結びとなる年のご旅行はぜひ愛媛へとお越しいただければと存じます。

 

本年も皆様のご愛顧のほどどうぞよろしくお願いいたします。